パーティーなどにおけるサクラとは何か

この記事をシェアする

パーティーなどにおけるサクラ

サクラとは、主催者がパーティーに際し、パーティーの盛況ぶりをPRすることを目的とした、客を装った仕込みの人員であり、客寄せや賑やかしを目的として主催者に雇われ、身近なところだと、結婚式において新郎新婦の親族や友人、職場の同僚などを装って雇われるケースがあります。

特に、パーティーにおいては賑やかしとして、結婚式では結婚式への価値観が古く、親族や友人の数を重要視する親族を持つ配偶者への対策として有効なサクラですが、パーティーの主催者がパーティーの盛況ぶりをPRするために雇ったり、配偶者の親族対策で雇ったりするならともかく、パーティーの開催目的が出会いの提供である場合にサクラを雇うのは不正に等しい行為で、婚活パーティーのように出会える異性を目的として主催されるパーティーにおいてサクラを雇うのは不誠実極まりない行為です。

婚活パーティーにおけるサクラの役割

本来、婚活パーティーでサクラを雇うという行為はマナー違反甚だしく、糾弾されるべき行為ですが、婚活パーティーにおいてサクラが雇われることは決して珍しくはなく、パーティーの男女比を調整したり、参加者の当日キャンセルを埋め合わせたりといった、パーティーとしての体裁を保つために微調整として少数のサクラを雇うのは、さほど悪質性が高くはなく、糾弾する程ではないかも知れません。

ただし、主催者がサクラを雇うことを前提として婚活パーティーを主催している場合、婚活パーティーというパーティーの趣旨そのものに明確に反しており、非常に悪質性が高いと断じざるを得ず、このようなタイプの婚活パーティーにおけるサクラの役割は、容姿に優れた参加者がいることをPRすることで、新規の参加者を増やすことですが、婚活パーティーの参加者が結婚を目的にしている以上、糾弾されて当然の悪質な行為ではないでしょうか。